HOME製品情報12Vバイク用 プロジェクターLEDヘッドライトFLH-870シリーズ[12Vバイク用 プロジェクターLEDヘッドライト]

FLH-870シリーズ[12Vバイク用 プロジェクターLEDヘッドライト] 注意事項

警告

  • 取付けは取扱説明書に沿って正しく取付けてください。取付け方法を間違えると火災・故障などの原因となります。
  • 取付け前に必ずバッテリーのマイナス側のターミナルコードを外して、キーOFFである事を確認してください。
  • LEDチップには触れたり汚さないでください。汚れの付着は熱溜まりによるLEDチップの焦げの原因となります。
  • 本製品は精密機器ですので取扱いには充分ご注意ください。落としたり、配線を無理に引っ張ったりしないでください。誤った取扱いは故障の原因となったり、怪我や火傷、人命にかかわる重大な事故を引き起こす危険性があります。またスパークや絶縁不良、ショートにより本製品の故障や車両火災の原因となりますので充分ご注意ください。
  • 本製品の分解・改造は絶対に行わないでください。分解・改造した製品の保証は受けられません。
  • 点灯中のヘッドライト内のLED発光を直視しないでください。視覚障害の原因となります。
  • 点灯中や消灯直後にレンズに水をかけないでください。急な温度変化でレンズやLEDバルブの破損の原因となります。また、LED点灯中の本体は高温になりますので触らないでください。

注意

  • 本製品は、12V直流(DC)、交流(AC)、バッテリーレス※1のオートバイにて使用可能です。
    ※1.バッテリーを取り外した車両に使用する場合は必ずNo.65016【ADC-200】専用バッテリーレスkitを装着してください。
  • 本製品をヘッドライトに追加して増設しご使用される場合、車両側のジェネレーターの発電能力によってはバッテリー上がりの危険性があります。バッテリーを定期的に充電してください。
  • 本製品は最高光度及びHi/Lo切替え機能面においてフォグライトとしての車検基準を満たしておりません。ヘッドライトとしてご使用頂き、Hi、Loそれぞれ2灯以下の点灯状態にてご使用ください。
  • 本製品はオートバイ専用となっております。四輪自動車への使用はできません。四輪車用は別製品で販売しております。
  • 紙や布で覆ったり燃えやすい物の近くで点灯させないでください。火災や異常加熱を引き起こす恐れがあります。また、可燃スプレー、シンナー等燃えやすい物や引火する危険のある物の近くでは点灯しないでください。
  • 点灯した状態でのヘッドライトへの取付けは行わないでください。故障や火傷の原因となります。
  • 本製品は生活防水ですが完全防水ではありません。コントローラーユニットから出ているカプラーはビニールテープや自己融着テープなどを巻くかコーキング剤などで防水処理をしてください。必要以上に水で濡らす事は避けてください。
  • 高圧洗浄機による洗車を行う際は本製品に直接高圧洗浄が当たらないようにしてください。
  • 製品の特性上、発熱致します。取付けの際は、必ず走行時に風があたる様に確実に取り付けて下さい。また本製品を取付けた後も、定期的に増し締めなど確実に取付けられているか確認を行ってください。
  • ファンの排熱用の穴を覆い隠さないでください。吸い出した空気が流れる十分なスペースを確保してください。
  • 点灯中のLED発光面を直視しないでください。視覚障害の原因となります。
  • 本体が熱を持った状態でメッキ部に水分が付着したまま長時間放置するとメッキが剥がれる恐れがあります。付着した水分は必ずを拭き取ってご使用ください。
  • LEDライト本体を落としたり、キズを付けたり、無理な力を加えないでください。破損、性能の低下、寿命を縮めるだけではなく、ケガの原因にもなります。
  • 紙や布、ガソリン、可燃スプレー、シンナー等燃えやすい物や引火する危険のあるものの近くでは点灯しないでください。
  • ご使用前に必ず光軸の調整を行ってください。対向車の視界の妨げになり、交通事故を誘発する恐れがあります。
  • 本製品の取付けをした事により車両製造メーカーの保証が受けられない場合があります。
  • 取付けは専門知識と技術が必要です。熟練したメカニックのいる指定整備工場などで行ってください。
  • 本製品の使用により生じた故障・事故などの損害については、当社で一切責任を負いかねます。また、修理の際に生じる脱着工賃やその他諸費用につきましては、当社で一切責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • 取付け作業中または使用中に少しでも異常を感じたら、ご購入の販売店または当社サービス課までお問い合わせください。

車検適合の記載について

  • 本製品は車検対応品として販売しておりますが、これは最高光度と色温度についてです。製品の取付け後は必ず、LED(新光源)に対応した検査機にて光軸調整を行ってください。光軸調整不良や経年劣化によるレンズの汚れや曇り、擦り傷などの原因による車検落ちについて当社は一切の責任は負いません。